ねこうさぎ
http://gonchan0105.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
長男のこと
2014-12-24 Wed 22:40
日記を書くことが好きなので、
お気楽なブログを書くつもりでしたが


私の中には、長男が大きく大きく占めているので、
ときどき、やっぱり重い気持ちを書いてしまいます

(私にとっては、普通の気持ちなんですけどね


あったかいコメントとメール、拍手をいただき、とっても嬉しかったです。
どうも、ありがとうございます

カミングアウトしてしまったので、少し長男のことを書きます

こんなの苦手って方、スルーしてしまってくださいね。



    



長男は大学生のとき20歳で、自ら旅立ってしまいました。



将来は、
中学校の数学の教師・野球部の監督になることが、夢でした。

底抜けに明るく、面白くて、がまん強い、頑張り屋さんでした。




大学では、野球部のキャプテンをしていました。

9月初めの、大学リーグの準備をがんばってやっていました。


それなのに、8月27日、一人で逝ってしまいました。


一度も「死にたい」なんて言葉を口にしたこともなく、
大好きなCちゃんや、仲間たち、家族に黙ってたった一人で。





毎日、楽しく笑っていて、
部活・バイト・デート・飲み会で、エネルギッシュな夏休みの真っ最中でした。



 



トモヤは、泣き言を言ったことがありません。


大好きな野球でも、なかなか厳しいことがいっぱいあったのですが。


高校野球では、初めて、背番号をもらった三年生の夏に、
泣きました。

うれし泣きです。

私も弟たちも泣きました。



背番号をもらえなくても、
一生懸命なトモヤの、そのがんばっていた姿を知っています。

その努力は、痛いほど理解できるからです。


きれいな水滴^^


20歳になった初夏、高校の先輩が自ら亡くなりました。

6月。
トモヤはお通夜から帰ってきて、

「おかあ。首つりなんてしちゃだめだよね。
○先輩、かわいそうだった」
って、泣きながら言いました。


そのトモヤが、わずか2か月後に、首を吊りました。


誰かが、自死することがあっても、
トモヤだけはあり得ない・・というくらい、明るく元気なトモヤです。



私が仕事から帰ってきたら、もう冷たくなっていました。



先輩が迎えにきたんだろうか・・・。
向こうの世界で、助っ人が必要になったんだろうか。


まるで、そんな感じです。

ありえない!!・・・元気いっぱいなトモヤだったのです。


中学生のかっこかわいいトモヤ💛


巫女神の華蓮さんが駆けつけて、トモヤに話してくださいました。


トモヤは、自分の状況が理解できずに、泣いていたそうです。

「そうだね。死にたくなかったね。

びっくりしたね。

でもね、トモヤさん。
あなたはもう、死んでしまったのよ」



一時間ほど話してくださり、
「わかりました」と、トモヤは言ったそうです。




私は、トモヤからは、
「こんなにも、純粋な子どもっているのかしら・・・」というくらい、
愛しい我が子と一緒に暮らせる幸せをもらいました。


ほんとうにたくさんの、しあわせをもらいました。



コメントをくださったTさんから、
「子どもは三歳までに、一生分の親孝行をする」と教えていただきました。


ほんとに、そうだね。
トモヤ、お母さんも、トモヤからは、いっぱい孝行してもらったから




ありがとう、大好きだよ!

ずっと憶えているからね


中学3年生のトモヤ


トモヤがなぜ、幸せな真っ最中に、天に還らなければいけなかったのか、
私には、まだわかりません。


でも、トモヤと同じくらい、きれいな心になるまで、この世で修行して、
私にも還る時が来たら、わかるんだと思います。

それまで、トモヤにはありがとうの気持ちを贈ります。


そして、私が残ったことにも意味があるはずなら、
時間を無駄にしないで
(泣いてばかりでは、トモヤが心配するし、時間がもったいないの
いっしょうけんめい生きようと思っています(^-^)



最後まで読んでいただいて、ほんとうにありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト

別窓 | ちょっとスピリチュアル | ∧top | under∨
| ゴンと천천히 (チョンチョニ・ゆっくりと) |
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].