ねこうさぎ
http://gonchan0105.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
トモヤと十二国記
2015-06-12 Fri 01:38
昨夜、次男と「十二国記」の話をしていました。

次男が大学4年生の時に
「なんか面白い小説ない?」っ言ったので、
お薦めの「十二国記」を全巻買ってあげたんです


『十二国記』(じゅうにこくき)は、小野不由美さんの一連の小説です。
アニメにもなったので、知ってる方も多いですよね



古代中国思想を基盤にした異世界ファンタジー作品で、
私は10年前に全9巻を一気に読みました。


その後にアニメを見たんですが、アニメを見ると状況が理解しやすいですねー。
ちょっと異色の世界なので


景麒(けいき)・泰麒(たいき)・楽俊(らくしゅん)なんかの名前を久しぶりに聞いて、
懐かしくて、また読みたくなりました。


十二国記

当時、トモヤは中学3年生で、私と一緒にハマったんだった


十二国の王や麒麟のことを、
トモヤと熱く語った10年前が思い出されてきます。


トモヤに会いたいなぁ。

ものすごく、会いたい。

トモヤと話がしたい。声が聴きたい。ほっぺや髪に触りたい。
抱きしめたい。



トモヤが亡くなったばかりのころ、
トモヤに会いたいって泣いていたら、
「トモヤさんがかわいそうですよ・・・」と華蓮さんに言われました。

「後悔して、悔しくて悲しいのはトモヤさんも同じ。
お母さんが「会いたい。会いたい」と泣いていたら、
トモヤさんは、どんなに辛いでしょうね・・」と。



そうなんです。わかっています

だから、私の寂しさはいつも後回しで、
トモヤが安らかであることをずっと祈ってきました。


でも、
ほんとうは、会いたくて会いたくて、どうしようもないの。


中学3年生のトモヤ
私のこの気持ちが届いて、トモヤも泣いてるね。
苦しめてごめんね。


トモヤも一緒に十二国記を語りたいなー

関連記事
スポンサーサイト

別窓 | ちょっとスピリチュアル | ∧top | under∨
| ゴンと천천히 (チョンチョニ・ゆっくりと) |
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].