ねこうさぎ
http://gonchan0105.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
トモクライム逢いたい
2015-07-22 Wed 23:44

今日もちょっと重たい内容ですので、
苦手な方は、どうかスルーしてくださいね。



                

精神世界を知りたくなったのは、今から13年ほど前です。

ブライアン・L・ワイス博士の「前世療法」を貸してくれた友人。

それからシルバー・バーチやスウェーデン・ボルグを読み始めました。




だから私は、自死したトモヤが、決して安らかではないことを知っていました。

それで、すぐに華蓮さんに助けを求めて、トモヤに華蓮さんの言霊を贈っていただきました。



そのあと、自死の「真実」である、苦しみや悲しみが、
どうしても受け入れられなくなり、

天使系のヒーラーさんを探しては、あったかい言葉をむさぼっていました。

それが真実であろうとなかろうと、どうでもよかったんです。
自分がラクになりたかったんだと思います。


薔薇の新芽がでてきました




では、なぜ、私はトモヤが亡くなる8年も前に、
魂の一生を知ったのでしょう。



華蓮さんというとても大きな方に巡り合えたのでしょう。




善光寺さまからいただいてきました



出会いは用意されている。

今だから、それがわかります。




華蓮さんから教えていただいた、
「あなたが悲しむとトモヤさんは、もっと苦しいのよ」
という言葉。


「じゃあ、子どもを亡くした親は悲しんではいけないというの?」

と、思われる方も多いと思います。



華蓮さんが言われるのは、そんなことじゃないんです。


ピエールドロンサール、2回目満開^^


見えない世界で、子どもがたったひとりで、
自分が自死したことで親が耐え難き悲しみを嘆いている姿を、
ごめんなさいと、泣きながら謝っている。

それを想像しただけで、私は泣くことをやめることができます。


何度も書いているのですが、
自分の悲しみは、トモヤが悲しむことに比べたら、どってことないんです。


真実を知ったものは、真実から目をそむけてはいけません。

悲しいから、辛いからと、
自分をごまかして生きていくことはできないとわかりました。



華蓮さんが言われることは、

親なんだから、子どもを守ってあげなくてどうするんですか。
親にしかできませんよ。


ということなんだと思います。





トモクライム、逢いたい
トモヤへの思いを綴った前のブログは、4冊の本になりました


私はいま。
トモヤと、生まれる前の自分自身に、試されていると思っています。


トモヤ・・・・。
逢いたいなぁ。



見えないけれど、そばに居る。

だから、お母さんは笑顔で話しかけるね。

関連記事
スポンサーサイト

別窓 | ちょっとスピリチュアル | ∧top | under∨
| ゴンと천천히 (チョンチョニ・ゆっくりと) |
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].