ねこうさぎ
http://gonchan0105.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
トモヤ~ (〃ノωノ)
2016-04-26 Tue 22:49
トモヤ、今日ね、
ちょっと今風の若いお父さんが来たの。
赤ちゃん抱っこして。


学資保険をお勧めしてて、
お父さんがトモヤと同い年ってわかったら、
なんかほほえましく思えたよ(*ノ∪`*)



うちの子も平成元年生まれなのよ・・・って話から、
(トモヤは平成2年の早生まれだけど)

どこの中学?何部?なんて話になって・・。



「もしかして、○○高校じゃないですか?あ、○○・・?(トモヤの苗字)」



「えーーー!トモヤのこと知ってるの?」

「オレ、バスケだったんです。野球部と仲良かったんで」



急に彼の表情が申し訳なさそうな感じになったから、

「トモヤ、死んじゃったんだけどね」
って言ったよ。



そしたら、

「そうですよね・・・。
高校卒業して、けっこう早くに・・・・・」って
うるうるし出したの。


お母さんも、涙が出そうになったけど、
意外と平気だった


野球部の子たちの話したよー。
トモヤの仲間の名前がいっぱい出てきた

なんか、うれしかったな。

トモヤが生きてた証を見つけたみたいで




トモヤー。

名前も高校も言わないで、
野球部って話をしただけで、トモヤと思ったなんて、
お母さんとトモヤの顔、似てるのかな


中学3年生のトモヤ




トモヤが旅立ってから6年近く経って、
あれからトモヤはずっと私の心に住んでいて、

家族のみんなも、
いつもトモヤと一緒に暮らしているから、
特別なことをしなくてもだいじょうぶなんだって、

ものすごく自然に毎日をおくっています。


今日のように、ごく普通にトモヤの話をします(^-^)



もちろん、会いたくて涙も出ます。
やりきれない悲しみで、自分を責めたりもします。


でも、すぐに切り替え!
トモヤをこれ以上、苦しめたくないからね



トモクライム、逢いたい
トモヤのことを書いたブログ本は4冊になりました。
今も読んでくれる方がいらっしゃいます。
(ありがとー


悲しみをなんとか昇華しようと、
無理して頑張ってきた時期がありました。

そして、他人の言葉に傷つき、過敏に反応し、
自分だけが悲しんでるかのように、
自意識過剰で。

なんだかめんどくさい人間になっていました。



このブログ本は、私の成長記録です

きれいごとって言われても、
見えないとこに居る愛しい子を守っていけるのは、
こちら側の愛の応援だけだと思っています。



だから。

お母さんは、いつも笑顔で!ねっ、トモヤ


関連記事
スポンサーサイト

別窓 | ちょっとスピリチュアル | ∧top | under∨
| ゴンと천천히 (チョンチョニ・ゆっくりと) |
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].