FC2ブログ
ねこうさぎ
http://gonchan0105.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
抗がん剤、再考
2018-02-12 Mon 18:03

2014年秋に「抗がん剤はコワイなあ」を書きました。

その時から、もし自分がガンになったら、
抗がん剤の治療はしないと決めていました。


医師がガンになっても、
ほとんどの医師は抗がん剤を使わないらしいです。

効果より害の方が大きいと知っているのですネ。



患者も、医師の言いなりにならずに、
苦痛の治療は拒否できるようにしたいです。


でも。

そう考えていても。


実際にガンになると心理的に不安定になるからか、
やっぱり医師に言われるままに、
抗がん剤治療をしてしまうみたいです。



抗がん剤を全面的に否定してるわけじゃないんです。

梅澤充先生の「間違いだらけの抗がん剤治療」
長尾和宏先生の「長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか?」

は、ガンにならないうちに、
是非とも読んでおくことをオススメします(*´꒳`*)


間違いだらけの抗がん剤治療長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか?


その他に、免疫力を上げるケトン食も興味深いです。

ずっと前に、
炭水化物を抑えた食事を1年くらい続けたことがありました。

肝臓が真っ白になるくらいの脂肪肝で、
炭水化物を摂らないで、肝臓の脂肪を使うためでした。


ケトン体は、その時に知ったんですが、
ガンはブドウ糖が栄養分なんですね。

だから、私たちはブドウ糖を極力減らして、
ケトン体をエネルギーにすれば、ガンになりにくい?
みたいな感じですかね?

ケトン食気になりますー。


以前私が食べてたGI値の低い食品で血糖値を急上昇させないことや、
グルテンフリーなんかであれば案外カンタン。
今度ちょっと調べてみよう、、、うん。


雪柳の芽がかわいい💛


年下の友人が、抗がん剤治療を受け始めました。

彼女も、抗がん剤は使わないって思ってたらしいんだけど、
患者の不安をあおるのかな、医師の言うがままで、、、。


すごく苦しいそうです。

副作用は、ほんとうに辛そうです。

苦しいだけじゃなく、
いきなり生活が180度変わります。

仕事もいけません。
これからやろうと思っていたこと全て、
我慢を強いられています。

抜けた頭髪で形相が変わって落ち込んでいます。


どんなに虚しく切ないかと、、、、。
彼女が一番ツライのだから、私が泣くわけにはいきませんね。


ガンになりにくい食生活と、
免疫力を上げる食事で、ガンを増幅させないこと。

そして、苦しいだけの治療をしないことを選べること。


彼女が少しでも楽になれることを願いながら、
私の知ってる事も、
聞けるようになったときに話してあげたいです。


ガンと闘うんじゃなく、共生できるかもしれないことを。

関連記事
スポンサーサイト




別窓 | 身体のこと | ∧top | under∨
| ゴンと천천히 (チョンチョニ・ゆっくりと) |
2006-2019 template by [ALT-DESIGN@clip].