ねこうさぎ
http://gonchan0105.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
我が家の女たち
2014-04-21 Mon 23:55
ずいぶん前に見ました^^

題名からして、どこにでもある「女たちの家庭」の、
さまざまな生き方をホームドラマで再現しているのだな、
と安心して観ていたんですが。

しかし、物語の半分以上は、
「母を取られまいと思う娘の異常なまでの執着心
がテーマだったように感じました


ジュミ(ユン・アジョン)は、
大好きな母親が産みの母ではなかったことと、
恋人をとられたと思っているウンニム(チョン・ウンチェ)の
本当の母親だったことを知り、嫉妬心で心が壊れてしまったのですね。

その、いわゆる悪役を演じたジュミの演技が迫力満点!
とても上手なんです

哀しみと悔しさと、いろんな想いが入り混じって、自分を保てない。

もう、やめにしたいと心では思っているのに、
自制心に歯止めがかからず、落ちるところまで落ちてしまってる
様子に、
私は涙が出るほど、共感しました


自分に重ね合わせたから。

当時は私も、突然蔽いかかった哀しみを、
どうしても昇華することができず、他人の言葉に過剰反応していました。

そして、人間関係なんかもうどうなってもいい!という想いから
かなりの友人・知人を拒絶しました。

そのジュミのように、とりつく島のない私だったのです。


今では、壮絶なその体験を経て、ずいぶん成長したなーなんて思います

心ないことを言う人を
「経験の浅い魂なんだわ」と思うようにもなれたし^^

我が家の女たち・仲良くていいなぁー

後半、セインの母(ヤン・ヒギョン)が、
「家族のためにずっと家のことをやってきたのに、
誰一人として、家族は自分ことを理解していない」
と、家族に対して反撃を始めました。

義父が、それを認めて感謝の気持ちを伝えただけで、
彼女の反乱は幕を閉じる!!

そんなものなんですねー・・。

認めてあげる。
いつも当たり前のようにしてもらっていることに感謝する。


それだけで、お母さんたちは嬉しくなって、
自分の存在意義を確認できるものなんですね・・

ウンニムとセイン(ジェイ)の恋もすがすがしく素敵だったし、
「女たち」が豪華キャストですー。
半年くらいかかったかな
なかなか面白かった~
       
       ウンニム祖母・・・パン・ヒョジョン
       ウンニム曾祖母・・・キム・ヨンオク
       ウンニム叔母・・・ナ・ヨンヒ
       セイン母・・・ヤン・ヒギョン
       ジュミ母・・・イ・ヘスク
       ジュミ妹・・・カン・ソラ
       セイン妹・・・ユ・ソヨン

      
関連記事
スポンサーサイト

別窓 | 大好き♡韓国ドラマ | ∧top | under∨
| ゴンと천천히 (チョンチョニ・ゆっくりと) |
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].